カードローン審査

カードローンの審査について詳しく知りたい方へ

 

 

『自分でも審査に通るんだろうか…』
『審査って何を調べられるんだろう…』
『落ちたらどうしよう…』

 

と不安に思ってしまいますよね。

 

ここでは、はじめての方でも安心して申込みができるよう、審査について詳しく解説します!

 

どんな人なら審査に通るの?
カードローンの審査条件ってなに?

20歳以上〜69歳以下の方で、
安定した収入があればOK◎

 

カードローンの審査は複雑で厳しいというイメージがある方もいますが、実はとてもシンプルなんです。

 

審査条件
プロミス 年齢20〜69歳のご本人に安定した収入のある方
アコム 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
アイフル 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方
SMBCモビット 20歳以上69歳以下で安定した収入と返済能力を有する方
レイクALSA 満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方

国内在住の方
自分のメールアドレスを持っている方

 

図にもあるように、

 

  • 年齢が20歳以上〜69歳以下
  • 毎月安定した収入がある

 

この2つを満たしていれば、誰でも審査に通過できるんです!

 

毎月安定した収入があると認められるのはどんな人?

アルバイト・パート・正社員などで
毎月お給料を貰っていればOK!

 

『安定した収入がある』というのは、収入が多ければいいわけではありません。

 

多い少ないにかかわらず、毎月お給料があることが重要です。

 

出勤日数は、だいたい週3日〜4日働いていれば問題ありません。

 

学生 →20歳以上でアルバイトをしていたらOK
(短期・日雇いバイトはNG)
会社員 →OK
派遣社員 →OK
契約社員 →OK
働く主婦 →パートなど働いていたらOK
専業主婦 →銀行カードローンならOK
(配偶者に安定した収入があることが条件)
個人事業主 →OK
フリーター →OK
(短期や日雇いバイトはNG)

 

日雇いバイトや短期バイトの方の借入は継続して収入があると認められないため、借入できません。

 

水商売の方でも借入できますが、最低でも1年は同じ店で働いている必要があります。

 

また、法人化していない店で働いている方や日雇いの方は審査に通るのは厳しいです。

 

審査条件のまとめ

  • 審査に通るのは20歳以上69歳以下の方
  • 毎月必ずお給料をもらっていること
  • 職業にかかわらず、週3〜4回は働いていること

何を用意したらいいのかわからない!
カードローンの審査に必要なものってなに?

借入希望額が50万円以下なら
運転免許証だけでOK

 

審査時に用意するものは、借入希望額によって変わります。

 

契約に必要なもの

借入限度額が50万円以下の場合
本人確認書類のみ

借入限度額が50万円を超える場合
本人確認書類収入証明書類が必要



いずれか2点が必要です。

 

先生からのアドバイス!

水商売や派遣社員の方で審査に不安がある方は、あえて提出することで審査に通る可能性もあるわよ。
収入証明書を提出して損することはないから、安心してね。

審査にかかる時間はどれくらい?
審査の流れを教えて?

審査は早くても30分はかかるわ。
申込から借入までの流れを説明するね!

審査が開始され審査結果がメールで届くまで、最短でも30分ほどかかります。
できるだけスムーズに申込・契約ができるよう、申込から借入までの流れをチェックしておきましょう。

step
1
WEBで申込み所要時間 15〜20分

まず、申し込みをしましょう。
公式ページへいき、申込ボタンを押して必要事項を入力しましょう。

主な入力事項
本人情報 ・氏名
・生年月日
・性別
・家族構成
・子どもの有無
・電話番号(携帯・PHS)
・自宅電話の有無
・運転免許証交付の有無
自宅情報 ・郵便番号
・自宅住所
・お住まいの種類(持ち家・賃貸住宅など)
勤務先情報 ・雇用形態
・勤務先名
・勤務先住所
・電話番号
・社員数
・最終学歴
・入社年月
・税込年収
・健康保険証の種類
・業種/職種
契約方法 ・希望の契約方法(ネットまたは来店)
・現在の他社借入金額
・今回の借入希望額

プロミスでは簡単な質問のみ回答し、残りはオペレーターから折り返しかかってくる電話で質問に答えるということもできます。

しかし、少しでも時間を短縮したいなら、フル入力で申し込んだ方が速いです。

申込時のポイントは、とにかく焦らずに正確に答えることです。

間違いや記入漏れがあると余計に時間がかかるので注意してくださいね。


申込が完了すると、在籍確認が開始されます。

在籍確認では、勤め先に確認の電話が入ります。

電話は個人名でかけてくれるので、もし自分以外の人が電話に出てもバレる可能性は低いです。

【自分以外の人が出た場合】
オペレーター 『田中と申しますが、藤田さんはいらっしゃいますか?』
勤務先の人 「藤田はただいま席を外しております。よろしければこちらからかけ直すように伝えましょうか?」
オペレーター 『いえいえ大丈夫です。またこちらからかけ直させていただきます。』
本人がいない場合、すぐに電話を終了してもらえます。
在籍していることは不在でも確認できたので、これで在籍確認クリアになります。

【自分が出た場合】
オペレーター 『田中と申しますが、藤田さんはいらっしゃいますか?』
自分 「私ですが。」
オペレーター 『○○カードローンの田中と申します。在籍確認でお電話いたしました。
少しお時間大丈夫でしょうか?』
自分 「はい。」
オペレーター 『お名前をフルネームでお願いいたします。』
自分 「藤田さやかです。」
オペレーター 『生年月日を教えて頂けますでしょうか?』
自分 「○○年××月△△日です。」
オペレーター 『最後に住所を教えて頂けますでしょうか?』
自分 「○○県□□市△△町××です。」
オペレーター 『ありがとうございます。これで在籍確認は終了です。
審査結果を後ほど通知いたしますのでご確認よろしくお願いいたします。』
在籍確認は普通にしていれば何の問題もありません。
もし、自分以外の人が出て何か聞かれた場合、『クレジットカードを作ったから、その確認の電話だと思う』と言い訳すれば怪しまれませんよ。

step
2
本人確認書類を提出する所要時間 10〜15分

申込が完了すると、受付完了メールが届きます。

そのメールで本人確認書類や収入証明書の提出を促されます。

提出方法はカードローンによって異なりますが、よくあるのはスマホで写真を撮り、メールで添付する方法があります。

もしくは公式の会員サイトやアプリにアップロードするやり方もあるので、メールの内容の指示にしたがって提出してください。



本人確認書類の提出が終わると、後は審査結果を待つだけになります。

step
3
契約所要時間 10分

審査が完了すると、あとは返済方法を選択し、振込口座の登録などを行います。

すべての手続きが完了すると、借入できる状態になります。

審査に落ちる人ってどんな人?
審査が通りやすい人ってどんな人?

よくある審査落ちの原因と、
審査に有利な条件を教えるわね!

 

審査に落ちる原因は、問い合わせをしてもなかなか教えてもらえません。

 

ですが、これは絶対審査落ちするという原因があるので、まずはそれらをチェックしていきましょう。

 

これは一発アウト!必ず審査に落ちる人

 

信用情報に金融事故の記録が残っている人

以下にお心当たりはありませんか?

 

 ●自己破産・任意整理・債務整理
 ●カードローンやクレジットカードの延滞
 ●携帯電話の本体代の返済延滞
 ●奨学金の返済延滞

 

自己破産など決定的なものはともかく、クレジットカードや携帯代の延滞をした経験があるという方は意外と多いです。

 

カードローンの申込をする時点ですべて返済していたとしても、5年〜10年は信用情報に記録されるので注意してください。

 

信用情報が白紙の人

先ほどとは相反することを言うことになるのですが、信用情報に何も記録がないという理由で審査に落ちることもあります。

 

その理由は、情報がなさすぎて信用していいかの判断がつかないからです。

 

クレジットカードやローンを使用し、延滞等せずきちんと返済することは返済能力があると判断される理由にもなるんです。

 

これは年齢にもよるのですが、30歳以上でこれまでにクレジットカードやローンを使用したことがないという方は要注意です。

 

対策としては、
 ●クレジットカードを作る
 ●携帯電話の本体を分割払いで買う

 

などがあるので、心当たりのある方はやってみてください。

 

4社以上からすでに借入がある人

こちらも信用情報に記録されているものですが、既に複数社で借金がある方は、これ以上借入すると返済できないと判断され、審査に落ちてしまうんです。

 

そもそも消費者金融のカードローンは年収の3分の1までしか借入はできません。

 

申込時に嘘をついても必ずバレるので、虚偽の申請はしないでくださいね。

 

一度に複数の申込みをした人

こちらもよくあるのですが、急いでいるからと短期間に複数社へ申し込みをすると、『この人は相当お金に困っている』と思われ、審査に落ちてしまいます。

 

1社に申込をしてから、最低でも半年〜1年あけて必要であれば2社目に申込をしてください。

 

収入に対して希望限度額が高すぎる人

先ほどもお伝えしましたが、カードローンは年収の3分の1までしか借入できません。

 

また、はじめての借入の方の場合、収入にもよりますが借入できてせいぜい50万円程度です。

 

まずは10万円〜30万円くらいの少額で申込をすることをおすすめいたします。

 

審査落ちの原因になるかも…
審査に不利な条件と有利な条件

 

審査には不利な条件と有利な条件があります。

 

以下にわかりやすくまとめてみました!

 

審査に不利 審査に有利
派遣社員・バイト 正社員・公務員
勤続年数が短い 勤続年数が長い
賃貸住宅 持ち家
居住年数が短い 居住年数が長い
1人暮らし 親と同居
既婚者 独身(自由に使えるお金が多い)
夫婦どちらかが働いている 夫婦で共働き

 

これらはあくまでも有利か不利かというだけで、どれか一つでも不利な条件があったら審査に落ちるというわけではありません。

 

重視するポイントもカード会社によって異なります。

 

ですが、あまりに不利な条件が揃っていれば、審査に通る可能性は低いです。

 

信用情報にその記録が登録されていくだけなので、むやみに申し込むのはオススメしません。

カードローン審査についてのまとめ

 

審査条件

  • 審査に通るのは20歳以上69歳以下の方
  • 毎月必ずお給料をもらっていること
  • 職業にかかわらず、週3〜4回は働いていること
  • 信用情報に延滞や金融事故の記録がないこと

 

申込む際に注意してほしいことが4つあります。

 

申込む際の注意点

  • 申込時に記入ミスをしない
  • 記入漏れに注意する
  • ウソをつかない(年収や勤務先)
  • 収入に見合った希望限度額にする

 

これらに注意して審査を申し込むと、カードローンの審査を安心して進めることができます。

 

カードローンを選ぶ際は、あなたの目的や状況に合ったカードローンの選び方を知ることが大切です。

 

下部の目的別や状況別のページを今すぐご確認ください。