プロミス 無職

プロミスは無職でも借入できますか?

 

 

残念ですが、無職の場合、
プロミスに関わらず消費者金融では借入することはできません。

 

なぜなら、
「年収の3分の1を超える貸付をしてはならない」
という賃金業法を規制する法律があるからです。

 

ただ、一言で「無職」と言っても置かれている状況は異なりますし、
借入できる条件をクリアしていればOKになるケースもあります。

 

では、借入するための条件や、
無職でもどのようなケースだとOKになるのかなどを解説していきますね!

 

早速見ていきましょう。

 

借入できる条件って?

20歳以上の成人で
働いていれば基本的にはOKです!

 

審査条件

  • 年齢が20〜69歳
  • 安定した収入がある(パート・アルバイトもOK)
  • 他社からの借入額が年収の3分の1以下

 

審査には収入額よりも、
「毎月必ずお給料をもらっている」
ということが重要視されます。

 

お給料がもらってない月もある場合、
「返済能力がない」と見なされ、審査に落ちてしまうんです。

 

また審査には、希望借入額に応じて必要書類を提出しなければいけません。

 

借入限度額が50万円以下の場合
本人確認書類のみ

借入限度額が50万円を超える場合
本人確認書類収入証明書類が必要



いずれか2点が必要です。

どんな人だったら借りられるの?

収入額が少なくても
毎月安定していれば大丈夫です!

 

こんな人は借りられます

 

働いてる主婦(パート・アルバイトもOK)

アルバイトをしている20歳以上の学生

契約社員

派遣社員

自営業やフリーランスで仕事をしている人・・・収入証明書が必要

 

正社員として会社に属しておらず、
働く日数や時間も少ないと「無職」と見なされるかもしれない・・・
と不安に思う職種の方もいると思いますが、毎月安定した収入があれば全く問題ありません。

 

≫≫プロミスで借入するならこちら

 

以上のことから、

 

  • 日雇いではなく定期的に働いている
  • 毎月安定した収入がある
  • 複数の消費者金融から借入していない

 

この3つの審査をクリアするための絶対条件となります。
ここはあらかじめ押さえておきましょう!

どんな人が借りられないの?

自身の収入が全くないまたは
日雇い労働などで収入が
安定していない人は借りられません!

 

こんな人は借りられません

 

専業主婦(ただし、銀行カードローンなら可能)

日雇い労働者

失業して就職活動中(失業保険での収入は不可)

 

賃金業法の規制があるため、収入がない人や安定していない人は借りることができません。

専業主婦で夫の収入で生活しています。どうしても急な出費が…やっぱり借りられない?

自身に収入がない場合はNG。
銀行カードローンなら借入OKの可能性もあります!

 

専業主婦の場合、プロミスを含む消費者金融では借入はできません。
ですが、銀行カードローンならOKな可能性もあります。

 

では、銀行カードローンの場合の審査条件を見てみましょう。

 

審査条件

  • 年齢が20歳以上〜65歳未満
  • 旦那さんに安定した収入がある(収入証明書が必要)

 

先ほどもお伝えしたように、プロミスなどの消費者金融では、年収の3分の1以上の借入をすることはできません。

 

ですが、それは消費者金融だけで、銀行カードローンは少し違います。

 

銀行カードローンの場合、自身に収入がなくても旦那さんに安定した収入があれば借入できる可能性があります。

 

≫≫専業主婦におすすめの銀行カードローンはこちら

 

注意点として、

 

  • 本当に必要な金額はどれくらいか
  • 返済はきちんとできるのか

 

ここをしっかり考えて計画的に借入するようにしましょうね。

プロミスならパート・アルバイトも借入OK◎
最短1時間の即日融資!

 

最短30分で審査回答!早さ◎
最短1時間融資
カードレス対応あり
アプリでコンビニ借入
収入証明書不要
土日祝日OK
郵送物なし
実質年率 限度額 審査時間 融資速度 アルバイト
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最短1時間 OK
利用可能な
ATM

こんな方におすすめ♪

・会社や家族にバレたくない方
・なるべく早く融資してもらいたい方
・無利息サービスを活用したい方


≫プロミス公式ページへ