消費者金融 取り立て

消費者金融の取り立ては
やっぱり怖いの?

 

 

「夜中に何度も電話をかけられそう…」

 

「玄関に張り紙をされそう…」

 

「コワイお兄さんが自宅に押し掛けてきそう…」

 

消費者金融の取り立てに対して、このようなイメージを持っていませんか?

 

ですが、CMを流しているような大手消費者金融は、法律で厳しい取り立てを禁止されています。

 

ですので、最初から自宅に押し掛けてきたり、自宅に張り紙をするなどの迷惑行為は一切ありません。

 

賃金業法:第二十一条
貸金業を営む者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。

 

このように、きちんと法律で守られているので、安心して利用してくださいね。

 

街金や闇金でお金を借りた場合、
法律で守ってもらえない

街金や闇金は審査が緩く、ほぼ誰でも借入可能です。

 

ですが、金利は違法に高く設定されているので、返済できなくなることがほとんどです。

 

返済できないと厳しい取り立てをされるので、絶対に使わないようにしましょう。

 

消費者金融で借入して返済が遅れても
全く何もされないというわけではない

消費者金融は厳しい取り立てがないとはいえ、返済期日が過ぎていても全く何もないわけではありません。

 

ここでは、返済期日が過ぎた際に実際に行われることや、とるべき対応についてお伝えしていきます。

消費者金融の取り立てはどんなことをされるの?

まずは携帯に電話があるわ。
いつまでに返済できそうかを確認してくれるのよ。

 

返済が遅れると、まずは自分が登録した電話番号に電話があります。

 

ほとんどの場合、携帯電話にかけてきます。

 

内容としては、いつ返済できそうか確認するものです。

 

オペレーター 『山本と申しますが、宮野さんでしょうか?』
自分 「はい、そうですが。」
オペレーター 『○○カードローンの山本と申します。
今月の返済が遅れているようなので、お電話いたしました。
いつ頃までに返済頂けますでしょうか?』
自分 「すみません。
10日までには返済できると思うのですが…」
オペレーター 『そうですか。では、10日までに返済をお願いします。
この間は遅延損害金が発生いたします。
お早めにお願いいたします。
また、返済が遅れる時は必ずお電話を頂けますでしょうか。』
自分 「わかりました。」
オペレーター 『では、失礼いたします。』

 

このように、いつまでに返済できるか伝えると電話はすぐに終わります。

 

また、伝えた日までに返済すれば再度電話を掛けられることはありません。

 

注意!!

電話を無視すると、自宅に電話を掛けられてしまいます。

個人名でかけてくれるので、バレる可能性は低いですが怪しまれるかもしれません。

電話に出れなかった場合、気づいた時にすぐ自分からかけ直しましょう。

もし、何度かけても電話に出ない場合、職場にかけられてしまうので注意してくださいね。

 

もし、2〜3ヶ月経っても返済できない場合、どうなってしまうのか?

あなたの信用情報に事故情報が記載されてしまうわ。
そうなると、信用情報を加味されるすべての審査に通らなくなってしまいます。

 

例えば・・・

 

・クレジットカード
・カードローン
・住宅ローン
・自動車ローン
・教育ローン
・賃貸物件の入居審査(一部) などなど

 

 

さらに延滞を続けると、自宅に「督促状」が届き、一括返済を求められてしまいます。

 

それも無視すると、裁判所からの訴状、口頭弁論期日呼出状などが入った「特別送達」という郵便が届きます。

 

この郵便すらも無視すると、給与や財産の差し押さえが執行されます。

 

ここまでくると、もう弁護士に相談し、債務整理を検討する以外に方法はありません。

返済期日に支払いが遅れそう!!
そんな時はどうしたらいい?

なるべく早く、
オペレーターに電話をかけて相談しましょう。

 

返済が遅れそうになったら、早めに電話でカードローン会社に電話をかけて相談する必要があります。

 

その際に怒られるとか、早急に返済を求められたりはしないので、心配しないで大丈夫です。

 

ですが、どちらにしても返済はしないといけません。

 

これからどう返済していくか考える必要があります。

 

例えば、最低返済金額に設定して地道に少額で返すという方法があります。

 

最低返済金額に設定して地道な返済プランに変更する

 

契約時に決めたお金を毎月返済していると思いますが、その返済金額を一度極限まで下げるのも1つの方法です。

 

しかし、ただ返済金額を減らすだけだと、なかなか元金が減っていきません。

 

最低返済金額で少しずつでも返済しながら、

 

・収入を増やす
・支出を減らす

 

この2つのどちらかをやる必要があります。

 

今から、収入を増やすアイディアと、支出を減らすアイディアを紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

収入を増やす・支出を減らすための3つのアイディア

 

短期バイトをする

 

これは、収入を増やすためのアイディアです。

 

時期によっては募集が少ないこともありますが、イベントが多い季節などは時給が良くてかなり稼げるバイトもあります。

 

一度タウンワークやバイトルなどで探してみてください。

 

 

保険やケータイ代などの支出を見直す

 

これは、支出を減らすアイディアです。

 

少しでも出ていくお金を減らすために、保険を安いプランに変更したり、ケータイを格安のものに変え、料金を抑える方法があります。

 

また、節税として「ふるさと納税」をすれば、納めた金額のうち2000円を超える分は、「所得税」と「住民税」から控除してもらえます。

 

このように、少しの手間で減らせる支出はあるので、ぜひ見直してみてください。

 

 

さらに、支出を見直すという方法も効果的なので「カードローン完済のコツ」という記事を参照にしてね。
>>『カードローン完済のコツ』記事はコチラ

 

 

足りない分を追加で新規借入する

 

こちらはあまり好ましくはないですが、もし「今月さえ乗り越えたら、来月からは大丈夫なんだ!」という場合は、おすすめです。

 

借入が年収の3分の1に達していない方は、新たに借入できる可能性があります。

 

1ヶ月〜2か月分の返済にあてるためなら、「30日間無利息サービス」があるカードローンでお金を借りてもいいと思います。

 

ですが、使っても返済できそうにない方は、絶対にしないでくださいね。

 

返済できずに放置は一番NG

 

返済できそうにないからといって、目をそらしていても状況が良くなることはありません。

 

良くなるどころかどんどん悪化していきます。

 

自分で解決できない時は相談するしかありません。

 

カードローン会社に直接電話で相談すると、返済期間の変更や返済額の軽減など対応してもらえる可能性があります。

 

ですが、返済日を過ぎ、かかってくる電話に無視し続けた後では難しいので、早めに電話をしましょう。

 

 

また、もうどうにもならない場合は、弁護士に相談し、債務整理を検討しましょう。

 

債務整理は、法的な手段を用いて借金を軽減する手続きです。

 

債務整理をすれば、なんとか返済していけるようにはなるでしょう。

 

ですが、債務整理をすると信用情報に記録されてしまいます。

 

本当にもうどうにもならないという状況の時だけ、使うようにしましょう。

 

どちらにしても、債務整理に詳しい弁護士に相談をしてみるのが良いと思います。

 

ここまで読んでくれてありがとう!
消費者金融の取り立ては、違法なことはしないし優しいけど甘くはないの。
だからこそ、返済に遅れることがないよう、
お金の状況を管理して計画的に返済していくようにしましょうね。