カードローン 金利

カードローンは金利だけで選ぶと損するの?

 

 

『カードローンでお金を借りたいけど、金利が高いのが気になる…』

 

『低金利で借りて、利息を少なくしたい…』

 

と、悩んでいませんか?

 

カードローンを使う際に気になるのは、やっぱり「金利」ですよね。

 

金利が高すぎると利息が積み重なって、総返済額がエライことにならないか心配になっていると思います。

 

しかし、見た目低くそうに宣伝されている金利だけみてカードローンを選ぶと損する可能性が高いです。

 

ここではその理由の解説や、利息を少なく借りるポイントなどをお伝えします。

 

そもそも金利はどうやって決められるの?

借入する金額によって決められるよ!

 

金利は審査で決まった借入限度額でほぼ決まります。

 

ほとんどの場合、50万円以下の借入は最大金利が適応になります。

 

また、初めての方も借入限度額は低めに設定されるので、ほとんどの人が最大金利の適応となります。

 

宣伝などですごく金利が低そうに見えるカードローンでも、実際にフタをあけたら最高金利からスタートなので「以外に高かった…。」とならないうように理解しておきましょう。

 

 

カードローンの金利は、高額融資になればなるほど下がっていきます。

 

消費者金融で借入する場合
アコムの例

契約限度額 適用金利
1万円〜 99万円 7.7%〜18.0%
100万円〜300万円 7.7%〜15.0%
301万円〜500万円 4.7%〜7.7%
501万円〜800万円 3.0%〜4.7%

 

銀行カードローンで借入する場合
三井住友銀行カードローンの例

契約限度額 適用金利
100万円以下 年12.0%〜14.5%
100万円超〜200万円以下 年10.0%〜12.0%
200万円超〜300万円以下 年8.0%〜10.0%
300万円超〜400万円以下 年7.0% 〜 8.0%
400万円超〜500万円以下 年6.0%〜7.0%
500万円超〜600万円以下 年5.0%〜6.0%

 

もちろん、審査によって多少ズレることもありますが、だいたい表にあるような金利になります。

 

これを見ると、消費者金融よりも銀行で借入した方が良さそうな気がしますよね。

 

ですが、銀行向きの方もいれば、消費者金融向きの方もいます。

 

消費者金融向きの方は、金利の安さだけで銀行カードローンを選ぶと損してしまう可能性が高いです。

どうして金利だけで選ぶのはダメなの?
金利だけで選ぶと損する理由

消費者金融には無利息サービスというお得なサービスがあるのに
ちょっと軽視しがちだから損している人が多いの!!

 

銀行カードローンは低金利が魅力です。

 

一方で、消費者金融は銀行よりもサービスが充実しています。

 

具体的には…

 

30日間無利息サービス

最短1時間融資可能

カードレスサービス

WEB完結

自宅に郵送物なし

WEB明細

アプリローン

 

このサービスがある分、金利は銀行よりも高く設定されているのです。

 

「正直、サービスより金利が低い方がいい!」と思いますよね。

 

ですが、ここで注目していただきたいのが『30日間無利息サービス』です。

 

文字通り、30日間は利息なし、つまり、金利0%で借入できるという意味です。

 

これがあるとどうなるのかというと、、、

 

 

このように、銀行よりも消費者金融で借りた方が利息が安くなるんです。

 

また、以下に当てはまる方は消費者金融で借入した方が返済総額が低くなる可能性があります。

 

  • 返済期間を短くしたい方
  • 毎月の返済金額を高めに設定可能な方

 

以下の表は、各カードローンで10万円を借入した際にかかる利息総額を返済期間別に計算したものです。

 

これを見ると、返済期間が短くなるほど、利息が少なくなることがわかります。

 

表A
各カードローンで10万円を借入した際にかかる利息総額
【返済期間別】

 

金融機関名
消費者金融 プロミス
アコム
アイフル
レイクALSA
銀行
カードローン
みずほ銀行
バンクイック
三井住友銀行
金利 無利息期間 返済期間ごとの利息
1ヶ月
(30日)
3ヶ月
(90日)
6ヶ月
(180日)
9ヶ月
(210日)
1年
(365日)
2年
(730日)
17.80% 30日間 0円 1,433円 3,607円 5,807円 8,035円 17,211円
18.00% 30日間 0円 1,450円 3,649円 5,877円 8,135円 17,451円
18.00% 30日間 0円 1,450円 3,649円 5,877円 8,135円 17,451円
18.00% 5万円まで180日間 739円 983円 1,470円 2,847円 4,843円 13,541円
14.00% なし 1,150円 2,302円 4,031円 5,760円円 7,488円 14,359円
14.60% なし 1,200円 2,403円 4,211円 6,023円 7,838円 15,102円
14.50% なし 1,191円 2,386円 4,181円 5,979円 7,780円 14,977円

 

表Aの中で一番注目すべきなのは、「レイクALSA」の利息です。
2年以内に返済可能な方は、「レイクALSA」借りると一番利息を少なく借入できることがわかります。

 

また、6ヶ月以内に返済できる方は、銀行よりも消費者金融で借入した方が利息が安くなることもわかります。

 

 

さらに、以下の表は返済金額別に利息総額を計算したものですが、こちらでも「レイクALSA」が一番利息が少ないことが分かります。

 

表B
各カードローンで10万円を借入した際にかかる利息総額
【月の返済金額別】

 

金融機関名
消費者金融 プロミス
アコム
アイフル
レイクALSA
銀行
カードローン
みずほ銀行
バンクイック
三井住友銀行
金利 無利息期間 毎月の返済金額ごとの利息
35,000円 30,000円 25,000円 20,000円 15,000円 13,000円 12,000円 11,000円 10,000円 5,000円
17.80% 30日間 1,404円 1,794円 2,270円 3,057円 4,383円 5,235円 5,781円 6,433円 7,222円 17,130円
18.00% 30日間 1,420円 1,815円 2,297円 3,093円 4,435円 5,299円 5,850円 6,511円 7,310円 17,369円
18.00% 30日間 1,420円 1,815円 2,297円 3,093円 4,435円 5,299円 5,850円 6,511円 7,310円 17,369円
18.00% 5万円まで180日間 973円 1,047円 1,137円 1,360円 1,853円 2,379円 2,824円 3,360円 4,067円 13,466円
14.00% なし 2,279円 2,596円 2,977円 3,600円 4,643円 5,314円 5,739円 6,247円 6,859円 14,303円
14.60% なし 2,378円 2,710円 3,110円 3,761円 4,852円 5,557円 6,001円 6,535円 7,178円 15,033円
14.50% なし 2,362円 2,691円 3,087円 3,734円 4,817円 5,516円 5,958円 6,487円 7,125円 14,911円

 

毎月13000円以上で返済可能な方の場合、銀行より消費者金融の方が利息が少ないので、消費者金融での借入がおすすめします!

 

 

以上を踏まえて、カードローンを申し込む前に、

 

いつまでに完済するか

毎月いくらずつ返済できそうか

 

を考えてから、自分に合ったものを選ぶようにしましょう!

 

★表のまとめ★

利息が少なくなる順にカードローンを並べてみたよ!

 

10万円の借入を6ヶ月以内に返済可能な方

 

レイクALSA  プロミス  アイフル・アコム

 

 

 

10万円の借入を6ヶ月以上かけて返済したい方

 

レイクALSA  みずほ銀行  三井住友銀行

 

 

 

10万円の借入を毎月13,000円以上で返済可能な方

 

レイクALSA  プロミス  アイフル・アコム

 

 

 

10万円の借入を毎月12,000円で返済可能な方

 

レイクALSA  みずほ銀行  プロミス

 

 

 

10万円の借入を毎月10,000円で返済可能な方

 

レイクALSA  みずほ銀行  三井住友銀行

 

10万円の借入を6ヶ月以内に返済可能な方

 

レイクALSA

プロミス

アイフル・アコム

 

 

10万円の借入を6ヶ月以上かけて返済したい方

 

レイクALSA

みずほ銀行

三井住友銀行

 

 

10万円の借入を毎月13,000円以上で返済可能な方

 

レイクALSA

プロミス

アイフル・アコム

 

 

10万円の借入を毎月12,000円で返済可能な方

 

レイクALSA

みずほ銀行

プロミス

 

 

10万円の借入を毎月10,000円で返済可能な方

 

レイクALSA

みずほ銀行

三井住友銀行

利息を少なくするにはどうしたらいい?
返済総額を少なく借りる方法

決められた最適返済方式に関わらず
できる限り多めに返済金額を設定したら
利息が2倍も変わるケースもあるのよ!

 

カードローンの返済金額は、それぞれの返済方式によって決定されます。

 

ですが、最低返済額が決まっているだけで、いつでもプラスして返済することは可能です。

 

返済が長引けば長引くほど利息が増えていき、損していくことになります。

 

以下は、プロミスとみずほ銀行で10万円を借入した場合の利息総額と返済期間です。

 

毎月の返済金額は10000円と5000円ですが、かなり差があるのが分かります。

 

10,000円 5,000円

消費者金融

プロミス

利息総額 7,222円 17,130円
返済期間 11ヶ月 24ヶ月

銀行カードローン

みずほ銀行

利息総額 6,859円 14,303円
返済期間 11ヶ月 23ヶ月

 

中には、「返済は5000円以下でゆっくり返したい…」と思っている方もいるかもしれません。

 

ですが、それだとなかなか元金が減らず、利息ばかり支払い続けて損してしまいます。

 

無駄な利息を少なくするために、少しでも多めに返済するように心がけましょう。

理想のカードローンはどれ?
利息の少なさ重視で選ぶカードローン!

50万円までの少額借入の方は
無利息期間のあるカードローンを選ぼう!

これまでお伝えしてきたように、利息を少なく借りるには
  • 自分の借入希望額
  • 返済期間
  • 毎月の返済金額
を決めた上で選ぶのがベストです。

ここから、50万円までの少額融資の方と50万円を超える高額融資の方それぞれにあったカードローンを紹介していきます!

50万円以下の少額借入の方はコチラ

50万円を超える高額融資の方はコチラ

少額借入ならコレ!
30日間無利息ありのカードローン


※10万円借入し、毎月13,000円ずつ返済した場合の利息総額
利息総額(※) 最大金利 無利息期間

レイクALSA
2,379円 18% 5万円まで
180日間無利息
プロミス
プロミス
5,235円 17.8% 初回借入日の
翌日から30日間

アコム
5,299円 18% 契約日の
翌日から30日間

アイフル
5,299円 18% 契約日の
翌日から30日間

高額融資希望の方はこのカードローン!

 

※10万円借入し、毎月13,000円ずつ返済した場合の利息総額

利息総額(※) 金利 限度額

みずほ銀行
カードローン
5,314円 2.0〜14.0% 500万

バンクイック
5,557円 1.8〜14.6% 500万