即日融資と総量規制

即日融資と総量規制

即日融資と総量規制の間に関係がないように思われますが、提出する書類の関係で即日融資ができなくなることがあります。

 

総量規制は、「利用者の年収の3分の1を超える貸付をしてはならない」というもので、2010年6月18日の改正貸金業法に規定されているものです。

 

ここでは、貸金業法の改正と即日融資の関係について説明したいと思います。

 

 

■収入証明書類について

 

改正貸金業法では、年収の規定だけでなく、一定の場合に「収入を証明する書類」の提出を義務づけています。

 

源泉徴収票や確定申告書など、その日に用意することが難しい場合もあります。

 

貸金業法では、

 

 「希望する借入額が50万円超のとき」
 「他社を含めた借入合計額が100万円超となるとき」

 

に収入証明書類の提出を受けることを義務付けています。

 

そのため、どうしても即日融資が必要で、収入証明書類が用意できないときは、貸金業法の規制を受けない「銀行カードローン」に申し込むことになります。

 

 

■借入額の確認方法について

 

総量規制は、キャッシングの利用者が「年収の3分の1を超える融資」とならないようにするための仕組みです。

 

ここで、「他社の借入額がなぜ分かるのだろう?」と思われるかもしれませんが、信用情報機関のデータを照会することで確認できるようになっています。

 

信用情報機関に登録されるデータは、延滞や債務整理の事故情報だけでなく、融資した金額や日付、完済の情報などについても登録されています。

 

そのため、他社の借入れ額を少なく申告して申し込んでも、簡単にばれてしまうことが分かります。

 

 

■即日融資を実現するために

 

即日融資を実現するには、必要な書類を用意し、できるだけ早く審査を受けることです。

 

本人確認書類として提出する運転免許証(または健康保険証など)を用意しておくのはもちろん、収入を証明する書類が必要になるかどうかも確認しておきます。

 

当日中にカード発行を受けられれば即日融資が実現しますので、できるだけ早めに審査を終わらせるようにしてください。

あなたの目的・状況はどれに当てはまりますか?


即日融資と総量規制関連ページ

属性別の即日キャッシングについて
キャッシングをするにしても、あなたの現在の状況によって借り入れできるところが変わってきます。ここでは、属性別に借り入れできる方法をわかりやすく紹介しています。
特徴・サービス別の即日キャッシング
金額別の即日キャッシングについて
キャッシングをするにしても、あなたの現在の状況によって借り入れできるところが変わってきます。ここでは、金額別に借り入れできる方法をわかりやすく紹介しています。
即日キャッシングが可能かどうかについて
状況によって消費者金融で借り入れできる条件はかわります。そこで、このページでは「即日キャシング可能かどうかについて」情報をまとめてページです。
キャッシングと即日の融資
借り換えと即日融資
即日融資で収入証明不要の会社はあるのか
即日融資のメリット
即日融資の基礎知識
即日融資を安心して利用する
夜間申し込み 即日融資可能 キャッシング
24時間 即日融資可能
30分で10万円借りる方法
WEB完結 即日融資 おすすめ
今日中 10万円借りる 方法
今日中にお金を借りる方法 必要書類
今日中 お金借りたい
キャッシング 即日振込 おすすめ融資先
即日融資が受けられる時間
即日融資を受ける方法
土日でも可能な即日キャッシング