プロミスは主婦でも借入できますか?

プロミスは主婦でも借入できますか?

プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は、消費者金融の最大手としても有名ですが、三井住友フィナンシャルグループの企業ということで、安心感による人気もあります。

 

また、プロミスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録すると、30日間無利息サービスがあることで、主婦層から高い人気を集めている点にも特徴があります。

 

ここで、プロミスのキャッシングは、サラリーマンや派遣社員だけでなく、主婦でも申し込めますが、専業主婦については申込ができない点に注意が必要です。

 

 

<プロミスの申込基準について>

 

プロミスでは、キャッシングの申込ができる条件について、次のように定めています。

 

 1.年齢が20歳〜69歳
 2.本人に安定した収入があること

 

まず、未成年者が結婚すると「成年擬制」といって、成人と同じように契約行為ができる制度があります。

 

しかし、プロミスは年齢を条件の1つにしていますので、未成年者の主婦については、申込はできません。

 

さらに、70歳以上の主婦についても、年齢制限にかかってしまいますので、プロミスではなく、他の消費者金融を探す方がいいでしょう。

 

また、正社員に限らず、アルバイトやパート収入があることがプロミスの申込条件になりますので、現金収入を伴わない専業主婦の申込はできません。

 

<専業主婦が申し込めるキャッシングは?>

 

専業主婦がキャッシングに申し込めない背景に、貸金業法が改正されたことをあげることができます。

 

貸金業法は、消費者金融やクレジットカード会社などの「貸金業者」を規制する法律です。
2010年に貸金業法が改正されて以来は、「年収の3分の1を超える貸付をしてはならない」という、いわゆる総量規制が開始されています。

 

そのため、年収300万円の人は、キャッシングできる上限が100万円に制限され、収入のない専業主婦については1円も借りられないことになります。

 

しかし、この法律の規制を受けるのは、貸金業者だけになりますので、銀行カードローンの申込については、専業主婦でも基本的に申し込めることになります。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンや新生銀行カードローン レイクなど、専業主婦の申込を認めている優良業者を利用するのも悪くありません。

 

とくに、プロミスと同様、無利息サービスのある新生銀行カードローン レイクについては、節約の意識の高い主婦層にとても人気があります。

 

キャッシングを始めるときは、金利は"商品価格"と考え、賢く利用するのがお得です。

 

プロミスや新生銀行カードローン レイクの公式サイトには、返済シミュレーションがあり、返済総額や金利計算などをしてから申し込めるようになっています。

 

まずは、公式サイトにアクセスし、無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や返済シミュレーションを確認してみることをおすすめします。

あなたの目的・状況はどれに当てはまりますか?