プロミスは水商売でもお金の借入できますか?

プロミスは水商売でもお金の借入できますか?

諸費者金融・プロミスのキャッシングに申し込みたいのに、「自分が水商売をしているから・・・」と不安に感じることはありませんか。
水商売をしているから、収入が不安定だと評価されたり、職業について低く見られるのでは、という不安があります。
しかし、プロミスについては、職業が水商売であっても問題なく申し込めますし、キャッシングを始められます。

 

<プロミスの申込条件と必要書類を確認しよう!>

 

プロミスの公式サイトにアクセスすると説明されていますが、申込条件は、
 1.年齢が20歳以上69歳以下
 2.申込をする本人に安定した収入があること
とされています。

 

つまり、水商売でもアルバイト・パートでも"安定した収入"があり、年齢制限にかからなければ申込が可能であることが分かります。

 

職業が水商売であっても、何も心配することなく申込ができます。

 

次に、プロミスの申込で用意する書類があります。
まず、必ず用意しなくてはならないのは「運転免許証」です。

 

これは、申込をした本人に間違いがないかどうかを確認するために必要になるものです。
もし、運転免許証の交付を受けていないのであれば、「健康保険証」+「1点(例:住民票)」で代用することもできます。

 

さらに、外国籍の方の場合は、在留カードを本人確認書類として利用することもできますが、まずは、プロミスコールで確認してみると良いでしょう。

 

<水商売の方が注意するべき点とは?>

 

ここで、水商売の方がプロミスに申し込むにあたって注意しなくてはならない点があります。

 

プロミスに申し込むときの書類に「収入証明書類」が必要なる場合があります。

 

収入証明書類が必要になるのは、
 1.プロミスの借入希望額が50万円を超える場合
 2.希望借入額と他社の利用残高の合計が100万円を超える場合
の2つです。

 

水商売をしている方が正しく確定申告しているなら問題ありませんが、未申告の場合は、専業主婦と同じ扱いになる可能性があるからです。

 

勤務先から源泉徴収票や給与明細書などの発行を受けていない場合、あるいは、個人事業主として申告していない場合は、バンクイックやレイクなどの利用を検討するようにした方が安心です。

 

もっとも少額のキャッシングを希望する場合なら、収入証明書類は必要ありませんので、気にせず申込ができます。

 

プロミスの公式サイトに説明されていますが、キャッシングの申込後、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録することで「30日間無利息サービス」を受けることができます。

 

30日分の利息がタダになるサービスですので、忘れずに利用するようにしてください。

あなたの目的・状況はどれに当てはまりますか?