モビットは債務整理後の借り入れイケる?

モビットは債務整理後の借り入れイケる?

過去に債務整理をしたことがあり、そのことが原因でキャッシングの審査に自信が持てない場合があります。
キャッシングの審査では、過去に債務整理があったかどうかだけではなく、借金の返済が遅れたことがなかったかどうかなども確認され、比較的厳しい評価を受ける場合があるからです。
ここでは、債務整理をしたことがある人が、モビットに申し込むべきかどうかを判断する基準について説明します。

 

<なぜモビットは、債務整理をしたことがわかるのか?>

 

自分が債務整理をしたことについて、どうしてモビットが知ることができるのだろう、と考えたことはありませんか。

 

これは、モビットが株式会社日本信用情報機構や株式会社 シーアイシーといった信用情報機関に加盟しているからです。

 

これらの信用情報機関では、本人を特定するための情報や契約内容、返済状況などの個人情報が保存されています。
つまり、モビットやアコムなどの消費者金融への返済が遅れたことや申込の事実があったこと、債務整理が行われたことなどが情報として登録されているのです。

 

そのため、モビットにキャッシングの申込をした時の審査で信用情報機関に問い合わせ、過去の事故情報についての確認が行われていることになります。
ここで、「債務整理をしたら、もう二度と借金ができないのか?」と感じるかもしれませんが、通常は、5年以上前の古い情報は削除されます。

 

したがって、債務整理をしたのが5年よりも前の話であれば、何の問題もなく申込ができることになります。
逆に、つい1、2年前に債務整理をしたというのであれば、審査に通らない可能性が高いことになります。

 

<個人情報の確認方法>

 

簡単に言うなら、信用情報機関に自分の事故情報が残っているかどうかが問題になるということです。
債務整理をしたという事実が消去されていればいいのですが、そうでない場合は審査が厳しくなるということです。

 

審査に不安がある場合は、日本信用情報機構やシーアイシーから自分の情報を取り寄せ、確認した上でモビットに申し込むこともできます。

 

また、キャッシングに申込をしたという事実も信用情報機関に登録されますので、何社にも申し込むことは控えなければなりません。
通常は、キャッシングに申し込んだという事実は、約1ヶ月間登録されていますので、月に1回以上は申し込まないようにしましょう。

 

これらのことからも分かるように、債務整理をしたかどうかではなく、いつ債務整理をしたかが問題になります。

あなたの目的・状況はどれに当てはまりますか?