消費者金融と総量規制

総量規制で借入できない人が大多数!?その真相は?

総量規制というものは、貸金業法で定められた規定であり、年収などの3分の1を超える額の借入ができないというものです。
しかし、住宅ローンや自動車ローンなどは、こうした規制にとらわれることの無いのが現状です。
現金の借入を行うという場合には、こうした規制が適応されます。

 

つまり、個人向け貸し付けに対しては、総量規制が適応されることになります。
法人での利用はこうした規制には至りません。
だからこそ、新規で借入を行う場合に、既にどこかからの融資を受けている場合には、自身の情報を把握しておく必要があります。

 

消費者金融からの借入を検討している場合にホームページを参照すると、50万円以上の借入を希望する場合は収入証明が必要という文言を見ることがあります。
もしくは他社からのおまとめの場合には、100万円を超える額に至る場合も同様の措置が適応されます。
こうした内容は貸金業法で定められたものとなっています。

 

借入を行う場合に総量規制についての情報も知っておかなければ、新規での借入が難しいというケースが発生します。
こうした新たな規制ができたからこそ、新規の申し込みに対して審査が通過せず、借入ができないという方が多くなっているのが現状です。
措置の意向によって涙をのむという方が多数存在するのが、現在の厳しい経済状況にも繋がっているのは確かです。

 

これから借入を検討しているのであれば、まずは現状借入を行っている金額についてをしっかり把握すべきです。
その情報を知るだけでも、追加の申し込みができるかがすぐに分かります。

 

あなたの目的・状況はどれに当てはまりますか?


総量規制で借入できない人が大多数!?その真相は?関連ページ

なぜ複数社の申込みは危険なの?
消費者金融でローンを組む際になぜ複数社の申込みは危険なのかをお伝えします。
消費者金融で借りた履歴はいつまで残ってるのか?
消費者金融で借りた履歴はいつまで残ってるのかきになったことはありませんか?その答えはコチラのページで解き明かします。
消費者金融とクレジットカードとの決定的な違いとは?
消費者金融とクレジットカードとの決定的な違いをご存知でしょうか?分からない方は今スグコチラをご覧ください。
滞納してしまった時の対処方法とは?
消費者金融で借り入れしたにも関わらず、滞納してしまった時の対処方法についてお伝えします。