消費者金融で借りた履歴

消費者金融で借りた履歴はいつまで残ってるのか?

消費者金融で借りた履歴についてを知ることによって、次の契約をどれくらいのスパンで申し込みを行うことができるかが理解できます。
借入に対する履歴だけでなく、さまざまな情報が残るのが消費者金融からの借入です。
実は、申し込みを行った履歴についても把握することができるようになっています。

 

履歴の参照はJICCやCICなど、信用情報を保管しているところから簡単に行うことができるようになっています。
どんな消費者金融に申し込みを行っても、履歴情報が残っているため、統一見解で対応することができるというメリットがあります。
また、事故歴も確認できるため、融資を承認して良いかの判断を適切に下すことができます。

 

借入の審査を行ったか否かの情報も半年間保管されるのは、JICCもCICも変わりはありません。
延滞に関する情報も確認することができるようになっており、解消から1年間情報が保管されるJICCに対し、CICでは5年間の情報保管がなされます。

 

一番重要な事故歴は、債権回収や破産申立など、整理行為を行った場合の情報は5年間の保管と設定されます。
新たな借入を検討する場合には、こうした情報を確認されるということを知っておくだけでも、生活を支える手段として利用することができるようになっているかを自分で判断することができます。
どれだけ審査が甘いという消費者金融であっても、こうした情報を元にして融資の可否についての判断を行うため、複数の消費者金融からの借入を検討しようと考えている場合には要注意です。

 

あなたの目的・状況はどれに当てはまりますか?


消費者金融で借りた履歴はいつまで残ってるのか?関連ページ

なぜ複数社の申込みは危険なの?
消費者金融でローンを組む際になぜ複数社の申込みは危険なのかをお伝えします。
消費者金融とクレジットカードとの決定的な違いとは?
消費者金融とクレジットカードとの決定的な違いをご存知でしょうか?分からない方は今スグコチラをご覧ください。
総量規制で借入できない人が大多数!?その真相は?
消費者金融の総量規制で借入できない人が大多数!?その時の対応策についてお伝えします。
滞納してしまった時の対処方法とは?
消費者金融で借り入れしたにも関わらず、滞納してしまった時の対処方法についてお伝えします。