消費者金融とクレジットカードとの違い

消費者金融とクレジットカードとの決定的な違いとは?

消費者金融とクレジットカードの一番の違いは、利用に対する目的です。
消費者金融は貸金というのが主な目的です。
一方、クレジットカードは、キャッシングという貸金もサービスに含まれていますが、一番の目的はショッピングなど、何かの商品を購入するツールとしての利用です。

 

現金を欲する場合には、消費者金融のような貸金に特化したところを利用するか、クレジットカードの利用で賄うかは個人の解釈によっても選択肢が異なります。
しかし、重要なのは利息の負担や返済の自由度の高さなど、総合的な判断が必要になります。
貸金に特化している消費者金融からの借入であれば、返済のスタンスが多様に展開されているのも特徴です。

 

クレジットカードに比べて消費者金融からの借入であれば、自分の好みのスタンスで借入や返済を行うことができる点が、決定的な違いにも繋がります。
一番はそもそもの目的となりますが、それ以上に使い勝手という点が、最近は選択のポイントにも繋がっているのです。

 

利息の設定にも注目をしつつ、月々の最低支払額の比較も行うことによって、借りやすく返しやすい環境が見えてきます。
素人であっても月々の負担と、完済までの道のりをシミュレーションすることによって、現金を補てんする場合に適した環境が見えてきます。

 

消費者金融からの借入は、利息が無料になるなどのメリットも存在する点も魅力です。
ポイント制度を導入しているなど、それぞれが個性を発揮しています。

あなたの目的・状況はどれに当てはまりますか?


消費者金融とクレジットカードとの決定的な違いとは?関連ページ

なぜ複数社の申込みは危険なの?
消費者金融でローンを組む際になぜ複数社の申込みは危険なのかをお伝えします。
消費者金融で借りた履歴はいつまで残ってるのか?
消費者金融で借りた履歴はいつまで残ってるのかきになったことはありませんか?その答えはコチラのページで解き明かします。
総量規制で借入できない人が大多数!?その真相は?
消費者金融の総量規制で借入できない人が大多数!?その時の対応策についてお伝えします。
滞納してしまった時の対処方法とは?
消費者金融で借り入れしたにも関わらず、滞納してしまった時の対処方法についてお伝えします。