消費者金融の基礎知識

お金を借りるときの常識・知識は大丈夫!って言い切れますか?

「消費者金融のことって全然知識が無くて怖い・・・」
って思っているあなたに、分かりやすく基礎知識をまとめてみました。

 

お金のことって誰にも相談できないので、
このサイトがお役に立てば幸いです。

 

それでは、下記から知りたい項目をご確認ください。

あなたの目的・状況はどれに当てはまりますか?


誰も教えてくれない消費者金融の基礎知識記事一覧

消費者金融に複数社申し込むということは、審査に通ったところを利用するという選択肢を広げるように思えるかもしれませんが、実は危険が潜んでいることを知っておくべきです。複数社からの融資を受けることができるということは、利用できる金額が大きくなります。自分の甘い考えを捨てることなく消費者金融を利用してしまうと、本来借入を行うべき金額よりも大きな額を設定して、現金を手にしてしまうという失態に繋がります。つ...

消費者金融で借りた履歴についてを知ることによって、次の契約をどれくらいのスパンで申し込みを行うことができるかが理解できます。借入に対する履歴だけでなく、さまざまな情報が残るのが消費者金融からの借入です。実は、申し込みを行った履歴についても把握することができるようになっています。履歴の参照はJICCやCICなど、信用情報を保管しているところから簡単に行うことができるようになっています。どんな消費者金...

消費者金融とクレジットカードの一番の違いは、利用に対する目的です。消費者金融は貸金というのが主な目的です。一方、クレジットカードは、キャッシングという貸金もサービスに含まれていますが、一番の目的はショッピングなど、何かの商品を購入するツールとしての利用です。現金を欲する場合には、消費者金融のような貸金に特化したところを利用するか、クレジットカードの利用で賄うかは個人の解釈によっても選択肢が異なりま...

総量規制というものは、貸金業法で定められた規定であり、年収などの3分の1を超える額の借入ができないというものです。しかし、住宅ローンや自動車ローンなどは、こうした規制にとらわれることの無いのが現状です。現金の借入を行うという場合には、こうした規制が適応されます。つまり、個人向け貸し付けに対しては、総量規制が適応されることになります。法人での利用はこうした規制には至りません。だからこそ、新規で借入を...

借入に対応する場合には、誠意ある姿勢で臨むことが必要になります。うっかり忘れてしまうということもあるため、確実に返済できる日を迅速に連絡することが必要です。返済対応として記録されてしまうと、その後の借入の審査に不利な状況を与えることになります。迅速に対応するためには必要な資金を用意すべきです。返済に割り当てる資金が無い場合には、滞納としてみなされてしまうため、自宅や職場へ返済に対する催促の連絡が来...