返済方法

返済方法ひとつで利息が大きく変わる理由とは?

消費者金融からの借り入れを行った場合には、その後の返済方法によっても、総支払額が大きく異なります。
どこの業者から融資を受けても、必ず利息が発生します。
要は業者側の取り分が、返済分の元本とともに支払うことになる利息分となるのです。

 

できるだけ負担を少なくしたいというのであれば、返済期間は短いにこしたことはありません。
一括返済を行うことができるのであれば、利息分の負担を小さくすることができます。
消費者金融のホームページを確認すると、借りた金額に対する利息が年利でどれくらいかが表示されています。

 

例えば10万円を18.0%の利息で借り入れを行ったとすると、1か月で1500円ほどの利息が付帯されるようになります。
もしも、毎月1万円ずつ返済を行ったとするのであれば、11回の返済で利息分は9000円あまりを支払うことになります。
5千円ずつを24回の返済で行った場合には、18000円もの利息分を支払うことになるのです。

 

つまり、消費者金融からの借り入れを返済する場合には、できるだけ少ない回数で借り入れの返済を行うことによって、利息分の負担が大きく変わることになります。
元本を減らすことができればその分かかる利息も比例して減少します。
返済方法はさまざまですが、できるだけ総支払額が少なくなるようなプランニングを立てることが必要です。

 

最近は消費者金融のホームページのコンテンツの中に、返済のシミュレーションを行うことができるものが多く存在します。
それを利用することによって、無理のない範囲で返済を行った場合の試算ができます。

あなたの目的・状況はどれに当てはまりますか?


返済方法ひとつで利息が大きく変わる理由とは?関連ページ

利息の計算方法をしっかり学ぼう!
消費者金融で借入する前に、利息の計算方法をここでまなんで心配ないようにしませんか?
残高スライド元利定額返済方式とは?
残高スライド元利定額返済方式について分かりやすくお伝えします。
定額リボルビング方式とは?
消費者金融でお金を借りた際の返済方式である「定額リボルビング方式とは?」についてお答えします。
借入する前に知っておくべき返済のコツ!
消費者金融で借入する前に知っておくべき返済のコツをご紹介します。
無利息キャッシングのススメ【基礎知識編】