アコムは主婦でもキャッシングできますか?

アコムは主婦でもキャッシングできますか?

毎月の家計のやりくりをしている中で、1度や2度は「今月は乗り切れないかも・・・」というときがあるはず。
そのようなときに、アコムやプロミスなどのキャッシングが利用できると安心です。

 

しかし、消費者金融の大手である、「アコムが主婦にお金を貸してくれるものか?」と心配になるのも事実です。

 

ここでは、アコムでキャッシングできる主婦、キャッシングできない主婦の違いについて説明します。

 

<アコムからキャッシングできるのは働く主婦!>

 

アコムの申込条件には、「本人のお勤めにより安定した収入があること」という条件があります。

 

つまり、申込みをするのが主婦か学生かに関係なく、「仕事をしているかどうか?」が決め手になるということです。

 

そのため、パートやアルバイト勤務をしている主婦、内職による収入がある主婦については、何の問題もなくアコムに申し込めます。

 

一方、家庭の家事に専念する専業主婦については、アコムへの申込みができません。

 

専業主婦がキャッシングを利用したい場合は、三菱東京UFJ銀行カードローンや新生銀行カードローン レイクなど、専業主婦の申込みを認めているサービスに申し込むようにしてください。

 

<アコムに専業主婦が申し込めない理由とは?>

 

専業主婦がアコムに申し込めないのは、アコムが意地悪だからでも専業主婦に信用がないからでもありません。

 

専業主婦がアコムに申し込めないのは、貸金業法という、消費者金融が守らなければならない法律を守っているからです。

 

貸金業法には、総量規制のルールがあり、原則として「利用者の年収の3分の1を超える貸付をしてはいけない」ことになっているからです。

 

つまり、月に5万円の収入がある主婦の場合、年収は、60万円と計算されます。
この場合、総量規制のルールにより、アコムは20万円までしか貸付られないことになります。

 

しかし、専業主婦の場合は、現金収入が0円ですので、その3分の1も0円、と計算され、法律上、お金を貸し付けてはいけない人になるのです。

 

<専業主婦は、どうすればいいの?>

 

ここで、専業主婦でもキャッシングしたいことがあり、そのときにどうすればいいかが問題になります。
専業主婦がキャッシングしたいときの解決策は、銀行カードローンに着目することです。

 

貸金業法は、貸金業者を取り締まるための法律で、銀行を規制するものではありません。

 

そのため、三菱東京UFJ銀行・バンクイックや新生銀行カードローン レイクなど、専業主婦でも申し込みが可能なサービスがあります。

 

働く主婦はアコムに申し込み、専業主婦は銀行カードローンの申込みを検討するようにしてください。

あなたの目的・状況はどれに当てはまりますか?