アコムは無職でも借入できますか?

アコムは無職でも借入できますか?

アコムは、無職にもお金を貸してくれる、と思われるかもしれませんが、残念ながら無職の方にアコムがお金を貸すことはありません。

 

総量規制という法律の仕組みにより、アコムだけでなく、プロミスやモビット、アイフルなどからも借りることができなくなっています。

 

ここでは、総量規制についての基本的な知識と無職の方が借り入れするためのノウハウについてご紹介します。

 

 

■総量規制とは?

 

総量規制は貸金業法で規定されている仕組みの一つです。

 

具体的には、貸金業者の利用者に貸付する場合、「利用者の年収の3分の1まで」しか貸付てはならない、というものです。

 

この仕組みがあるため、無職の方は、消費者金融や信販会社、クレジット会社のキャッシングを利用することができないのです。

 

 

■銀行カードローンが狙い目

 

ここで、「無職だとヤミ金融からしか借り入れできないのか?」と不安に感じるかもしれませんが、銀行カードローンなら借りられる可能性があります。

 

貸金業法は、

 

 1.消費者金融
 2.信販会社
 3.クレジット会社

 

などを規制する法律ですが、銀行や信用金庫を規制するものではありません。

 

銀行カードローンの中には、本人に収入があることを条件にしない、つまり、無職や専業主婦でも申し込める、としているところがあります。

 

そのような銀行カードローンに申し込めば、無職の方でもお金を借りることができるのです。

 

 

■自動契約機の営業時間に注意!

 

無職や専業主婦におすすめのカードローンは、バンクイックです。

 

バンクイックは、三菱東京UFJ銀行が提供するサービスですが、保証人や担保を必要とせず、本人確認書類だけ用意すればいいとしています。

 

本人確認書類は、基本的には運転免許証のことです。

 

もし運転免許証の交付を受けていないなら、「健康保険証」+「1点(例:住民票)」を本人確認書類とすることもできます。

 

バンクイックの場合、自動契約機の営業時間が夜9時までとなっていることが多いので注意してください。

 

申し込みが完了したとしても、自動契約機(テレビ窓口)でカード発行を受けなければ、当日中の融資はできなくなります。

あなたの目的・状況はどれに当てはまりますか?