アコム キャバ嬢

アコムはキャバ嬢でもお金を借りられる?

 

 

キャバ嬢の方や、水商売をされている方は、
「自分でも審査に通るのだろうか…」と不安に思いますよね。

 

ですが、アコムは水商売の方でも、
・安定した収入がある
と認められれば、お金を借りることは可能です!

 

ここでは、水商売の方がアコムの審査に通る条件の解説と、
契約に必要なものをお伝えします!

アコムはキャバ嬢でもOK!
審査に通過する条件とは?

勤続年数1年以上で、
毎月一定の収入を得ていたらOK!
まずはアコムの基本情報をチェックしよう!

 

最短30分で審査回答!早さ◎
最短1時間融資
自宅に郵送物なし
WEB明細サービス
収入証明書不要
土日祝日OK
無利息サービス
実質年率 限度額 審査時間 融資速度 アルバイト
3.0%〜18.0% 800万円 最短30分 最短1時間 OK
こんな方におすすめ♪

・はじめての借入の方
・無利息サービスを利用したい方
・早さ重視の方


≫アコム公式ページへ

 

どんな人なら審査に通るの?
アコムの審査通過条件!

 

基本的には、
20歳以上で安定した収入
があればOKよ!

 

まず、安心していただきたいのは、
職業によって契約できないという事はありません。

 

アコムの審査は、

 

  • 20歳以上
  • 安定した収入と返済能力がある

 

この2つが重要になってきます!

 

つまりキャバ嬢でも、
20歳以上で安定した収入があればOKです!

 

 

また、「安定した収入」というのは、
収入の多い少ないではありません。

 

毎月必ずお給料をもらっているかどうかが重要です。

 

例えば、

 

えりか

先月の給料45万あったから、
今月はもう休んでおこ!

 

このように、収入が多い時もあれば、
全くなし(月収0円)ということもある方の場合、
審査に通るのは難しいです。

 

 

また、1つのお店ではなく、
日雇いでいろいろなお店に出勤している方も、
安定した収入があるとは判断されにくいので、
注意してくださいね。

 

どうしてキャバ嬢は
審査に落ちやすいといわれるのか?

 

キャバ嬢の方で審査落ちした方は、
だいたい以下の3つのどれかにあてはまります。

 

@勤続年数が短すぎる
A希望限度額が高すぎる
B在籍確認ができなかった

 

勤続年数が短すぎる

 

勤続年数は長いほど離職の可能性が低く、審査に有利です。

 

逆に、勤続年数が1年未満の方は、
離職のリスクがあると判断されてしまいます。

 

 

希望限度額が高すぎる

 

消費者金融で借入できるのは
年収の3分の1までです。

 

それを超える希望限度額で申込むと、
審査に落ちてしまいます。

 

また、すでに2社以上で借入がある方も、
相当お金に困っていると思われてしまうので、
審査に通るのは難しいです。

 

 

在籍確認ができなかった

 

在籍確認は、混み合っていなければ
申込後スグに開始されます。

 

仮に、午前中や昼間に申し込みをした場合、
店に誰もいない時間帯に電話がかかって
くるかもしれません。

 

そうならないために、
申込後すぐに電話をかけて相談すると良いです。

 

何を用意したらいいの?
契約に必要なもの!

希望限度額が50万円以下なら
本人確認書類のみでOK

 

契約に必要なもの

借入限度額が50万円以下の場合
本人確認書類のみ

借入限度額が50万円を超える場合
本人確認書類収入証明書類が必要



いずれか2点が必要です。

審査に通りやすくするにはどうしたらいい?
今からできることを教えてください!

今からできるのは以下の3つ!
@収入証明書類を用意する
A在籍確認電話の対応をきちんと行う
B借入希望限度額を少なめに設定する

 

収入証明書類を用意する

 

アコムは借入希望額が50万円以下の場合、原則収入証明書は不要です。

 

しかし、収入証明書類を出せば、自分には返済能力があるとアピールできます。

 

少しでも審査を有利に進めたいなら、用意していて損はないです。

 

 

収入証明書の例

 

源泉徴収票(最新年度のもの)
給与明細書(直近1ヵ月分)
所得証明書(最新年度のもの)
確定申告書(第一表)(最新年度のもの)

 

 

このうち、できれば2つ以上用意できていると安心です!

 

これらは、アプリや会員サービスを使って、
スマホで写真を撮って提出できます!

 

在籍確認電話の対応をきちんと行う

 

在籍確認の電話は、申込時に記入した店で
あなたが本当に働いているかを確かめるために行います。

 

 

もし、数日間かけ続けても、誰も電話にでない
という状況になると、審査に落ちてしまいます。

 

電話に必ず申込者本人が出る必要はありません。

 

オペレーターに相談すれば、
自分で出れる時間にかけてもらうことも可能です。

 

また、電話は「アコム」とは名乗らず
個人名でかけてきます。

 

他の人が電話に出ても借入がバレる可能性は低いです。

 

 

借入希望限度額を少なめに設定する

 

はじめての借入の場合、
借りれるのは多くても50万円程度です。

 

また、消費者金融は年収の3分の1以上は借入できません。

 

クセにもなりやすいので、
本当に必要な分だけ借入するようにしましょう。

 

◎要チェック

こんな人は融資してもらえません!

  • 他社からの借入額が年収の3分の1を超えている
  • 他社での借入件数が2件以上ある
  • 確定申告を受けていない
  • 雇い主が反社会的勢力である

アコムならキャバ嬢の方でもOK!
最短1時間で借入まで可能!

 

最短30分で審査回答!早さ◎
最短1時間融資
自宅に郵送物なし
WEB明細サービス
収入証明書不要
土日祝日OK
無利息サービス
実質年率 限度額 審査時間 融資速度 アルバイト
3.0%〜18.0% 800万円 最短30分 最短1時間 OK
こんな方におすすめ♪

・はじめての借入の方
・無利息サービスを利用したい方
・早さ重視の方


≫アコム公式ページへ

自分は水商売をしているから、という理由でキャッシングを諦めていることはありませんか。

そのため、自分がキャバ嬢であるからといってアコムへの申し込みを諦める必要はありません。

 

しかし、同じキャバ嬢でもアコムに申し込めるキャバ嬢ともし込めないキャバ嬢があるのも事実です。
ここでは、アコムに持ち込めるキャバ嬢と申し込めないキャバ嬢の違いについて説明したいと思います。

 

<アコムに申し込めるキャバ嬢とは?>

 

アコムに申し込むことができるキャバ嬢は、勤務先を確認できるキャバ嬢です。
また、アコムから50万円を超える融資を希望する場合、他社からの借り入れを含め100万円を超える場合は収入を証明することも条件になります。

 

まず、アコムの審査において在籍確認というものが行われます。
在籍確認では、アコムのオペレーターが個人名にて勤務先に電話をかけます。
つまり、間違いなく本人が登録した勤務先に所属していることを確認する手続きが行われるのです。
また、希望する融資額が多い場合など、収入を証明する書類の提出を求められることがあります。
この時に正しく申告をしていなくて収入を証明できなかったりすると、申し込み審査に落ちてしまう可能性があります。

 

そのため、アコムに対して、きちんと勤務先を報告することができ、必要に応じて収入証明書類を提出できることが条件になります。

 

<アコムに申し込めないキャバ嬢とは?>

 

ここまでの説明でわかる通り、アコムに対して勤務先を説明できることが最低限必要です。
つまり、勤務先のキャバクラが固定電話もないあやしい会社であったり、本人が収入を正しく申告していない場合に専業主婦と同じ扱いを受けることがあります。

 

しかし、通常はキャバ嬢であっても、給与明細書等が発行されますので、問題なくアコムに申し込めます。

 

<夜だけキャバ嬢として働いている場合は?>
昼間は普通の仕事をし、夜だけキャバ嬢の仕事をしている人もいるでしょう。
この場合、昼間の収入と夜のキャバ嬢の収入の2つがあることになります。
そのため、一般の女性の利用者よりも、より高額の利用限度枠が設定される可能性があります。
アコムの利用限度額の大きさは、いざという時に融資してもらえる金額の大きさのことです。
申し込み審査に不安を感じる要素はありませんので、自信をもってアコムの審査を受けるようにしてください。